【思考が現実化する!?】一度考えただけでは実現しない理由とは?

「人生においては焦点を当てたものが拡大していく」という捉え方を網羅して実現確率を飛躍的に上げる

思考は現実化するといいますが僕の「実現力」は少し違った言い方をします。それは自分が焦点を当てたことが拡大していくという言い方です。

一度だけ考えたことを思考と呼ぶなら、思考が実現するなんてことは机上の空論です。こうなればいいのになと一度だけ考えたことは思考ではなく気まぐれな願望の域を出ていません。それが実現していくなんていうのはどう考えても楽観的な妄想です。

しかし普段よく考えていることを思考と呼んでそれが現実化していくのが人生だということならばその通りだといえるでしょう。それがなんであれ僕らがより多く焦点を当てたことこそが人生に実現していくのです。

 

たとえば自分の貧しさ、お金がないという状況に焦点を当て続けているとそれが自分の姿だという思い込みがつくられ、その自分を実現するような行動を無意識にするようになり、その結果ほんとうに焦点を当てた貧しさが自分の人生に拡大していくことになります。

逆にどんなにお金がない状況でもその中にある豊かさに焦点を当て続けることができれば、豊かな自分があるべき自分であるという思い込みをつくることができるため、その思い込みを実現するような行動を無意識にとることになり、その結果実際に焦点を当てた豊かさが実現していきます

自分が焦点を当て続けるにつれて自分の頭の中で理想のイメージがどんどん明確になっていく。

どんどん焦点を当て続けそして色もつき、ありありと目の前に描けるくらいにまでイメージが明確でリアルなものになって最初は単なるイメージだったものが確信にまで変わるともうそれを実現するための行動を人はいとわなくなりますし、実際にそれが実現するのも時間の問題でしょう。

すでに言いましたが才能の有無は関係がないとは言いませんが大した問題ではありません。それよりも日頃焦点をどこに当て続けたかということこそが人生をつくるのです。

 

ある武士の言葉に「いかに弱き人といえどもその全力を単一の目的に集中すればかならずその事を成し得べし。」というものがありますが熱意は実際に能力を大きく凌駕します。

一つの事に対する熱意とはそのことに当てた焦点の濃さと焦点を当てている時間の長さです。

実際に何かを成し得た人の多くは能力があったからそれを成し得たのではなくそれを成し得ること、成し得た後のことに焦点を当て続けたからそれを成し得ました。一つのことに集中することの大切さを語っている本や言葉は数知れず当たり前のことですが重要なことです。ぜひ自分が実現したいものに焦点を当ててそれを拡大していきましょう。

同時に自分が実現させたいものが頓挫したあとのイメージに焦点が当たる時間をできる限り減らしていく必要があります。

理想が実現したあとに当てた焦点の量から理想が頓挫した後に当てた焦点の量を引いたものこそがその理想を実現するモチベーションです。

もし理想が頓挫した後に対してより強いリアリテイを持っているならば、モチベーションを保つことは困難です。どうせこうなるんだろうなという悲観的な思い込みがあるのにその悲観的な思い込みをおいておいて、力づくで実現を目指すというのは非常に難しいです。

僕の「実現力」の中期のポイントの実践編は理想の実現後に当てる焦点をいかに増やすか、そして理想の頓挫後に当てる焦点をいかに減らすかということについて行動レベルの策を探っていきます。

それができるようになればモチベーションの持続は心がけによる不安定なものではなくもっと安定したものになります。多くの場合、実現のために持つべき考え方をわかっていたとしてその考え方を持つことができていません。

なぜなら自分がどこに焦点を当てるのか、という焦点のコントロールを行う手段を持っていないからです。だから「そんな風に考えられれば誰も苦労しないけれどそれは自分が持つことのできない考え方でただの役に立たない正論だ」ということになります。

しかし実際に本気で実現の可能性をあげるなら、そういう綺麗事として片付けられがちな考え方を身につけることができるように自分の焦点をどこにあてるかということをコントロールする技術を身につけることができます。

実現を助ける考え方を今身につけられていないからといってそれを「正論、綺麗事、役に立たない」と捨てるのは非常にもったいない話です。僕の「実現力」はそういう考え方について語ることにのみならず、じゃあその考え方を身につけるためには具体的にどんな行動をしていくのかということについても実践力編で語っています。

もし自分がどこに焦点を当てるか、どう考えるかということを操縦する技術が進化すれば人生は激変しますし、その先で実現の可能性も飛躍的に向上することができます。

 

まとめ

今回の記事では、

【思考が現実化する!?】一度考えただけでは実現しない理由とは?

というテーマでお話ししました。

一度考えただけでは思考とは呼べないが、何度も焦点を当て続けているとそれが自分の姿だという思い込みがつくられ、その自分を実現するような行動を無意識にするようになり、その結果ほんとうに焦点を当てたことが自分の人生に拡大していき、結果それが実現する。

焦点を当てる対象をコントロールし、維持することができれば人生が激変し、その先で実現の可能性は飛躍的に進化する余地しかありません

 

理想を実現させていくための力=「実現力」を鬼進化することで

ことで飛躍的に人生が鬼おもろくなる余地しかない。

僕らの実現力=実現の技術を鬼進化させる無料電子書籍「実現力」

発売開始から一週間で1,000ダウンロード超え、アマゾン電子書籍総合無料ランキング20位から10位の間に7巻分入り込んだ一時期は一日600ダウンロードもされていた我ながら鬼進化を提供できるだろう力作です。

人生はカンニングし放題ためし放題。

一年越しで一生一人の実現を支える本として世界一のものを目指して時には泣きながら書きました。

70万字を10巻にわけていますが全巻無料で鬼進化できるのでよければどうぞ。

https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=カタカナ&url=search-alias%3Daps&field-keywords=無料%E3%80%80実現力

「実現力」を高めるためのメルマガコミュニティも運営しているので、

「実現力」を鬼高め、飛躍的に自己を進化させた先で

理想を実現させていきたいという方はぜひ登録してみて下さい。

また他にも実現力に限らず一つの自由力

その中でも特に

一生一人で食っていくのに困らない情報発信ビジネス(ネットビジネス力)=経済的自由力

を鬼進化するための参加者一千人越えの無料メルマガコミュニティ

「School Of Free Life」を運営しています。

まず初めとしてPC一台で一生自由に食うに困らない力=経済的自由力を鬼進化できる10万字(本一冊)程度の講座を人生を鬼おもろくする通過点として共有中。
死ぬ前に後悔しない人生を創ることへの鬼進化のきっかけになれば幸いです。

日々
革進力=自分を革進する技術
を進化して、結果として
日々、自己革進するペース
が鬼進化して、
結果として射程範囲は鬼広がって飛躍し、その先で
他者(業界社会国地球宇宙)を革進できる存在になっていく。
そんな同志が集っていくコミュニテイに革進していきます。
まず、はるか昔革進前に書いたスモールビジネス力進化のメルマガ(五万字ほど)(割とエネルギー低め)が届きます。が、
現在、メルマガコミュニティの掲げる目的はあくまで
自己鬼革進の先でなしうる世界の革進、です。
共感する人、奮って参加どうぞ!
すでに一千人以上の同志が集まっています。
無料電子書籍「実現力」も革進によければどうぞ🔥https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=カタカナ&url=search-alias%3Daps&field-keywords=無料%E3%80%80実現力

同志 of 革進する Life

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です