【毒親の対処方法】負の連鎖を抜け出した人たちの共通点とは?

音声動画

記事まとめ音声です。この記事見ながら聴くと実現力進化が捗ります。

https://goo.gl/8c1owV

なぜ「貧しい家庭からは貧しい人」「富める家庭から富める人」が生み出されるのか?

 

先ほど環境やら全ての情報が持つ基準値について語りました。関連してここでは階級の再生産について語ります。これは特に物質的にか精神的にかは問わず、貧しかったり恵まれない家庭で育った人にかならず読んで欲しいところです。僕は幸いいたって恵まれた家庭環境で育ちましたが、一般的に恵まれない家庭と言われる場所で育った人の人生おもろくする力をこの記事が鬼進化できれば幸いです。

そういう恵まれたとはいいがたい出身の人に、その人が思うより何十倍も大きい自分の可能性を最大限活かしてもらうために、ここでどうしても言わなければならないと思っていることがあります。もしあなたが恵まれない環境で育っているならこの部分だけでも最後まで読んでください。

筆者はそういう不可抗力に負けずにあなたが自分の可能性を活かせることを信じていますし十分にそのきっかけとなり得る文章を書いたつもりです。

実際に確かに出身の家庭の年収とその人自身の年収は比例しています。階級の再生産は実際に厳しく起こっています。

貧しい家庭出身の人は貧しくなりやすく富める家庭出身の人は富みやすい。

持てるものが富み持たざるものが奪われるとの聖書の一節は実際に傾向としては現実であるといえるでしょう。

その理由についてはよく多くの場合教育に対してかけるお金が貧しい家庭より富める家庭の方が明らかに多く、その結果受ける教育の質として富める家庭出身の人の方がはるかにいいものを受けられるからという風に主に説明されます。もちろんこれも少なからず影響しているでしょう。

でもそれは僕が思うに階級の再生産が起こることの原因のせいぜい2割程度しか担っていないません。もっと決定的な理由があります。

それはやはりセルフイメージです。階級の再生産とはセルフイメージの再生産が主な理由であるように思えて仕方ないのです。

家庭、親というのは小さい頃から性格形成期を経て一般的に大人と言われる年齢になるまでもっとも多く触れる人情報です。家庭によって人が大人になるまでにもっとも根強い自己像、常識を自分の中につくることになるのは疑う余地がありません。

・年に生活保護を受けながら200万で生活する親の元で育った子供はそういう厳しい生活が常識である

と考えますし、逆に

・年に一億の不労所得を稼ぐ親の元で育った子供はそのくらい言ってみればゆとりな生活が常識であると考えて育ちます。

そしてその結果各々の中の常識が実際に現実になって階級の再生産がおこると考えられます。金銭的な話に限りません。

両親の仲が非常に悪い家庭で育った子供はそういう仲の悪さが常識だと思って育ち実際に仲の悪い家庭という常識(イメージ)を実現しがちです。DVを受けていた子供の多くが子供の頃はうんざりしていたはずなのに、大人になって自分の子供に暴力をふるってしまうのも、同じように自分の仲の親子の関係に関する常識が形成されてしまっているからでしょう。DVをする親と受ける子供という関係に違和感がないからです。

貧しい家庭出身だからといって能力が低いわけでもなければ、富める家庭出身だからといって能力が高いわけでもない。当たり前の話ですが、そうであるのに階級の再生産がこれだけ顕著に起こっていることに自分が家庭によって無意識に何を常識として学んできたか、自分の人生についてどう思い込んできたかということの怖さを思わざるを得ません。

傾向として貧しい家庭や恵まれない家庭においては「人生は頑張ったって仕方がない」という空気が強く、

逆に、

豊かな家庭では「人生は正しい方法で頑張ればかならず素晴らしいものになる」という空気が強いでしょう。

そういう空気によって貧しい家庭の子供はますます希望ある情報を無意識に遠ざけるようになり、豊かな家庭の子供は希望に満ちた情報に進んで接するようになり、またそのことがさらに階級の再生産を助けます。

人生にもう遅いはないという言葉をよく聞きますが、それは残念ながらあるケースにおいては机上の空論ではないでしょうか。もし失望が大きくなりすぎて希望ある情報に触れることすらしなくなってしまったとき。その失望は膨らむばかりでその先で思い込みのレベルにまで浸透し、失望にあふれた人生が実現していかざるを得ません。

脅しているのではなく情報が人の思い込みとその先の人生を創る以上、希望ある情報に触れることをまったくやめてしまったら希望のない人生に近づいていくことにしかならないと言いたいわけです。そして失望が大きくなりすぎて希望ある情報に触れることがなくなったなら、そのときは残念ながら手遅れです。

逆に、希望ある情報に触れ続けるなら、その先で自分の考え方を大きく変えられる可能性しかなく、圧倒的に人生を進化させていくことができます

あなたがもし恵まれない家庭にいながら、失望にあふれた環境にいながら、藁にもすがる思いでこの文章を読んでくれたとしたら筆者はあなたのその勇気を讃えたいのです。家庭というのはほんとうに大きな影響力を発揮します。失望に溢れた家庭という環境にいながら、希望ある情報に触れることはきっとほんとうに難しいことです。それができたあなたには素晴らしい人生を創る力が十二分にあると信じます。

自分を信じてくれなんてことは言いません。環境を変えずして、自分が触れる情報を変えずして自分を信じるなんてことは無理だからです。でも希望を信じる手段は確実にあります。あなたの家庭や生まれ育った場所があなたに植え付けた思い込みを変える手段は確実にあるのです。それを全て筆者が知る限りこの本では語っていきます。

思い込みを変えた先であなたはあなたも周りの誰も想像しなかったようなことを実現しあなたやあなたの周りが思っているよりはるかに幸せに生きることができます。あなたがそれができないと考えているならそれができないことが当たり前の環境に長い間いたからに過ぎません。そしてそれが家庭や生まれ育った場所であったならば無理のないことです。

筆者があなたに言えることはもしあなたが願う人生と現在の家庭が刷り込んでくる人生があまりにも大きくかけ離れているなら、その家庭と今からでも少しづつ距離を置いたほうがいいということです。家族が人の人生を、理想を潰すということも十分あります。そして自分が望む人生をつくることを応援してくれる、それをできると信じているような情報に触れ続けてください。

音楽でも音声でも人でも本でもなんでも構いません。

とにかくそういう希望ある情報に触れる時間を増やし続けてください。その先であなたの思い込みが希望あるものに変えられます。そして思い込みが変われば人生が変わります。

筆者自身はこれ以上ないほど恵まれた家庭で育ちましたが、自分が失望に覆われたときはいつもそうやって希望ある情報に閉じこもるということをしてきました。閉じこもることを厭わないでください。自分が願う人生を実際に実現できると信じるのを助けてくれるような情報に閉じこもってそうでない情報はできる限り遮断してください。あなたの可能性はあなたが思っているより何十倍も大きいと筆者は信じて疑いません。

周りの人間が「そんなことできっこない」「人生に可能性なんてありはしない」そういうことばかり言ってくる悲観論者で溢れていて、僕らがそれでも理想を実現する人生を選ぶならば、周りと自分を自分が理想を実現できると信じられる程度に切り離さなければなりません

優劣の話をしているのではなく、自分が理想を実現するために思い込みたいことと周りが思い込んでいることが違うなら、周りという一つの情報と距離をとらなければならないということです。

周りと繋がり続けば自分の思い込みは周りの思い込みとほぼ等しくなります。

つまり自分が願ったことではなく、周りができると思い込んでいることしか実現できなくなりかねません。自分が実現しようとしている理想が周りができると信じることの範疇を大きく出ていれば出ているほど、孤独を意識して作らなければならないということになります。しかしいかなる人に囲まれていようと自分が接する情報を選び続ければ自分が持つ思い込みは創れるしその先で自分の人生を創ることができるのは紛れもない事実です。触れる情報を操縦し、思い込みを操縦する技術を進化させたなら、その先で人生も圧倒的に進化することができます。

どんな環境にある人も、どんな能力を持った人もついにはかならず自分の理想を遂げられる方法論、諦めない方法論をこの本に閉じ込めたつもりです。

四方八方を失望に囲われているかもしれないあなたにこそ失望から身を守り人生を進化させていきその先で自分の実現したい人生をどんどん実現していく道具として使ってもらえれば幸いです。

 

まとめ

今回の記事では、

【毒親の対処方法】負の連鎖を抜け出した人たちの共通点とは?

というテーマでお話ししました。

「貧しい家庭出身の人は貧しくなりやすく富める家庭出身の人は富みやすい」という傾向が実際にあること、そして、その傾向=「階級の再生産」のほとんどが「セルフイメージ」の再生産によるものであり、階級の再生産から抜け出すためには、親から少しずつ距離を置き、希望ある情報に触れ続けることを提案しました。

自分が接する情報を選び続ければ自分が持つ思い込みは創れるし、その先で自分の人生を創ることができるのは紛れもない事実です。触れる情報を操縦し、思い込みを操縦する技術を進化させたなら、その先で人生も圧倒的に進化することができます。

 

理想を実現させていくための力=「実現力」を鬼進化することで

ことで飛躍的に人生が鬼おもろくなる余地しかない。

僕らの実現力=実現の技術を鬼進化させる無料電子書籍「実現力」

発売開始から一週間で1,000ダウンロード超え、アマゾン電子書籍総合無料ランキング20位から10位の間に7巻分入り込んだ一時期は一日600ダウンロードもさ

れていた我ながら鬼進化を提供できるだろう力作です。

人生はカンニングし放題ためし放題。

一年越しで一生一人の実現を支える本として世界一のものを目指して時には泣きながら書きました。

70万字を10巻にわけていますが全巻無料で鬼進化できるのでよければどうぞ。

https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=カタカナ&url=search-alias%3Daps&field-keywords=無料%E3%80%80実現力

「実現力」を高めるためのメルマガコミュニティも運営しているので、

「実現力」を鬼高め、飛躍的に自己を進化させた先で

理想を実現させていきたいという方はぜひ登録してみて下さい。

また他にも実現力に限らず一つの自由力

その中でも特に

一生一人で食っていくのに困らない情報発信ビジネス(ネットビジネス力)=経済的自由力

を鬼進化するための参加者一千人越えの無料メルマガコミュニティ

「School Of Free Life」を運営しています。

まず初めとしてPC一台で一生自由に食うに困らない力=経済的自由力を鬼進化できる10万字(本一冊)程度の講座を人生を鬼おもろくする通過点として共有中。
死ぬ前に後悔しない人生を創ることへの鬼進化のきっかけになれば幸いです。

日々
革進力=自分を革進する技術
を進化して、結果として
日々、自己革進するペース
が鬼進化して、
結果として射程範囲は鬼広がって飛躍し、その先で
他者(業界社会国地球宇宙)を革進できる存在になっていく。
そんな同志が集っていくコミュニテイに革進していきます。
まず、はるか昔革進前に書いたスモールビジネス力進化のメルマガ(五万字ほど)(割とエネルギー低め)が届きます。が、
現在、メルマガコミュニティの掲げる目的はあくまで
自己鬼革進の先でなしうる世界の革進、です。
共感する人、奮って参加どうぞ!
すでに一千人以上の同志が集まっています。
無料電子書籍「実現力」も革進によければどうぞ🔥https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=カタカナ&url=search-alias%3Daps&field-keywords=無料%E3%80%80実現力

同志 of 革進する Life

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です