【負けず嫌いの短所?】特定分野のプライドを下げて実現力を鬼進化

なんでもかんでも上位にいたいというプライドをもつことで理想の実現は頓挫する?

 

もちろんそれが良さである人もいますが、実現の可能性を著しく下げる態度の一つが「なんでもかんでも」という態度です。

世の中には集中して突っ走る直線型の人間とあちこちと動き回って新しく何かを見出せる回線型の人間がいてということが言われます。ここでは回線型の人の特徴について否定したいわけではありません。ですが一つの実現の確率を最大限高めるならば、その実現に焦点を当てる頻度をどんどん増やしていく必要があります。

あちこちと動き回るのでも自分の実現に焦点を当てた上で問題意識を持って動き回るのとそれを持たないのとでは発見の質も変わってくるでしょう。というのは前提の話なわけですが、一つの実現に焦点を当ててそれに集中したいときに邪魔になってくるものがあります。

それは「どこででもなんででも上位にいたい」というプライドです。

このプライドを捨てられないと自分が関与する全ての場所で上位にいるべく満遍なく努力することになります。そうなると一つの実現は大変困難になります。もちろん人が持っている時間にもかけられる労力にも限りがあります。

負けず嫌いというのは割といい意味で使われます。しかしそれが自分が関与する分野全てにおいて発揮されているならば要注意です。それは自分が「自分が譲らないのはこのものさしだ」というものさしを持っていないことになるかもしれない、すなわち世間や他人のものさしだけしか持っていないことになるかもしれないからです。

その場合、延々とどこでも「負けたくない」という思いに苛まれて走るというより走らされることになります。その類の負けず嫌いは一つの理想を実現していくとなると邪魔です。

 

もし自分が実現したい理想がはっきりとしていて、その実現後に触れる頻度を保つことができていて、自分にとってそれが重要だとわかっているなら、どこでもなんででも上位でいようとすることはないはずです。

「なんでもかんでも」という態度とは逆の「自分の実現に必要なことしかやらない」という選択が生じるはずです。「とりあえずなんでも知っていたほうがいい」「とりあえずなんでもやっておいたほうがいい」そういう態度は実現を著しく妨害します。何かを本気で実現するなら「その実現に必要なことだけ知っておく」「その実現に必要なことだけやる」そういう態度が必要です。むしろ自分に才能が特にないと思うほど、「自分は知りすぎてないか」「あれやこれ手を伸ばしすぎていないか」「なんでもかんでも向上していないか」ということを考えることができます。

たとえば、もちろん本を書いたりコーチングをやるのに成績は必要ありません。筆者は大学三年以降、常に成績は底辺でしたが特に気にしたことはなかったですし、どちらかというと成績というものさしの中で底辺であることにプライドを持っていました。大学一二年の教養区分でも教養なんて自慢以外何に使える?と思ってろくに勉強しませんでした。サークル活動の中で上位に食い込むことにも価値を感じなかったのでサークルも相当適当にやっていました。他のものさしの中で下位になる勇気というかプライドというかを持たずして一つのことに本気で取り組むことは不可能です。

必要ならやるし必要じゃないなら人にバカにされることになってもやらない。その先でほんとうに一つ譲らないことを持つことこそが真の負けず嫌いではないでしょうか。他のものさしを捨てまくり徹底的にそれらで下位になって浮いた労力を自分の実現にまわせば、実現の可能性は飛躍的に高まります。

 

まとめ

今回の記事では、

【負けず嫌いの短所?】理想が実現しないプライド高い人の共通点

というテーマでお話ししました。

「どこででもなんででも上位にいたい」というプライドが、実現の可能性を著しく下げる態度の一つであることに触れ、そういう態度でいるのは、

「自分が譲らないのはこのものさしだ」というものさしを持っていないからである可能性をお伝えしました。

他のものさしを捨てまくり徹底的にそれらで下位になって浮いた労力を自分の実現にまわせば、実現の可能性は飛躍的に高まります。

理想を実現させていくための力=「実現力」を鬼進化することで

ことで飛躍的に人生が鬼おもろくなる余地しかない。

僕らの実現力=実現の技術を鬼進化させる無料電子書籍「実現力」

発売開始から一週間で1,000ダウンロード超え、アマゾン電子書籍総合無料ランキング20位から10位の間に7巻分入り込んだ一時期は一日600ダウンロードもさ

れていた我ながら鬼進化を提供できるだろう力作です。

人生はカンニングし放題ためし放題。

一年越しで一生一人の実現を支える本として世界一のものを目指して時には泣きながら書きました。

70万字を10巻にわけていますが全巻無料で鬼進化できるのでよければどうぞ。

https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=カタカナ&url=search-alias%3Daps&field-keywords=無料%E3%80%80実現力

「実現力」を高めるためのメルマガコミュニティも運営しているので、

「実現力」を鬼高め、飛躍的に自己を進化させた先で

理想を実現させていきたいという方はぜひ登録してみて下さい。

また他にも実現力に限らず一つの自由力

その中でも特に

一生一人で食っていくのに困らない情報発信ビジネス(ネットビジネス力)=経済的自由力

を鬼進化するための参加者一千人越えの無料メルマガコミュニティ

「School Of Free Life」を運営しています。

まず初めとしてPC一台で一生自由に食うに困らない力=経済的自由力を鬼進化できる10万字(本一冊)程度の講座を人生を鬼おもろくする通過点として共有中。
死ぬ前に後悔しない人生を創ることへの鬼進化のきっかけになれば幸いです。

 

「PC一台自分のビジネスを持って1日2〜3時間労働で一生食うに困らない力」
をあくまで「経済的自由力」という自由力の一つとして自由の側面に位置付け
それを含む五つの自由力
内観的自由力
→自分の向き不向き好き嫌い経験を知って自分だからできることを知って人生の方向性を決める技術
内面的自由力
→感情と思考をコントロールしてモチベーションを維持する技術
行動的自由力
→時間管理、行動自律、方法決定など目標に向けて行動を最適化する技術
情報的自由力
→必要な情報をインプットしセルフイメージをつくり、独自のアウトプットをして価値を生み出す力
経済的自由力
→ビジネスの知識としての一生食っていくのに困らない力
の五つを進化させて
自分だからできる度合いを向上させることで
自由なんかはあくまで通過点に置き死ぬ前に後悔しないような充実した人生を創ることを目指す。
そして最初からそこを目指すことが結局自由への近道でもある。
そんな理念で人生をより面白くする無料メルマガコミュニティ「School Of Free Life」を運営しています。
まず初めとしてPC一台で一生食うに困らない力=経済的自由力をつけるべく10万字(本一冊)程度の講座を共有中。
死ぬ前に後悔しない人生を創ることへのきっかけになれば幸いです。

School of Free Life

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です