お金の使い方、自己投資のポイントを知っているかで差が出る

Kimamanです。今回は自己投資の話、どこにお金をかけるべきかという話をしていきます。これを実践できているのといないのとではネットビジネスでの成功速度も違いますしネットビジネスに限らず幸福度も断然変わってきますのでとても大事な話です。
 
1、自分のためにお金をかける場所はモノ経験知識の三つに分かれる
 
自分のためにお金を使うことを自己投資といいますがこの自己投資は三つに分かれます。
 
まずは自分の欲しいモノに対する自己投資。
これは衝動的な投資が多いですね。たとえば街を歩いていて気に入ったモノをお店で見つけたから買ってしまう。
このような投資は買った瞬間は嬉しいのですが人間はだんだんと自分が持っているものに慣れてきてしまう生き物なので買った瞬間の幸福感は長くは続きません。すぐに買ったものに飽きて次のものが欲しくなってしまうでしょう。
しかも衝動的に買ったものというのは基本的に自分のためになにか役立つというものでもないです。ですから自分が欲しいだけのモノに対する投資は抑えるべき投資と言えますね。
 
次は経験に対する投資。
これはたとえば旅行にいったり誰かとご飯を食べたりするのに投資をするときのことを指していますね。この経験に対する投資というのは一見モノより刹那的な投資と思われがちですが実は人間の幸福度を著しくあげるものだということが言われています。
まず経験というのはモノと違って人と分け合えるものです。人と喜びを分かち合えるのです。これは大きいですよね。人間はただ自分だけが喜べるようなことをしても何か物足りないなと思うようにできているんでしょう。
また経験はモノと違って自分の中に新しい視点を作り出すことができます。
 
本当の旅の発見は新しい風景を見ることではなく新しい目を持つことにある。
というのはマルセルプルーストの名言ですが、旅に限らす全ての経験は私たちに新たな視点で新たな解決策を考え出すのに役立つものなのです。
ですから経験に対する投資というのはモノより優先されるべき投資であるということが言えますね。
 
最後に知識に対する投資。
僕はこれが一番コストパフォーマンスが高い投資だと思ってます。
今では古本屋にいけば100円そこらで本を買える時代です。これってすごいことですよね。
たとえば古本屋でビジネス書を買って仕事のやり方を変えて仕事にかかる時間を削減する。これがたったの100円そこらでできてしまうわけです。笑
ネットビジネスの情報に対する投資だって同じです。たった一万円そこらの教材に投資するだけで月数十万円の収入がゆくゆくは手に入るようになる(もちろん教材があったからといって努力しないと稼げるようには当然なりませんが)
この知識というものに投資できたかということがその人間の将来を決定付けるといっても過言ではないんです。
 
最近世間では世の中知識じゃないというようなことがいわれていますが、
それは知識がいらないという意味ではなく知識以上のものが必要になっているという意味です。
知恵というは知識が自分で日常生活で活用できるくらいにまでしっかりと身についたものだと僕は思っています。どちらにせよ知識は必要不可欠なものなんです。
ネットビジネスの世界でも最初から知識に投資するのを怠って我流で稼ごうとした人は必ず情報の値段以上のロスを時間や労力といった形で強いられます。
ですから何か始めたいと思ったらまずは知識に投資するというのが必要不可欠なんです。
 
2、そうはいってもなにか決まりごとを作らなくては投資の質を変えるのは難しい
 
どこに投資すればいいかということがわかったところでそこに投資できるかということはまた別の話です。
依然として欲しいものはたくさんあるし知識に投資して勉強するのは面倒なわけです笑
ここでまずは決まりごとを作りましょう。
たとえば服を買うのは月に一度までとか、逆に自分の目標に関する知識を含む書籍を月に一度は買うとかです。
これをちゃんと頭の中ではなく文字に示して実行できるようにする。
本に関して図書館や誰かに借りればいいという人がいますが僕はこれには絶対的に反対です。知識というのは繰り返しみなければ全く身につかないものです。借りるというのはその書籍を繰り返す機会を失うということを意味します。探せば自動販売機でジュースを買うよりも安く買えるのですから本は必ず購入しましょう。
 
お金をかけるときその投資が「モノ経験知識どれに相当するか」というのをいつも考える癖をつけてください。それには家計簿をつけて自分の出資を記録するのもいいでしょう。
 
ネットビジネスを学びたいなら有料教材にお金を出す前に僕の無料メルマガスクールから始めてみてくださいね。右も左もわからない状態で突然有料の教材を買うのは危険ですから。
 
以上自己投資の話でした。

「PC一台自分のビジネスを持って1日2〜3時間労働で一生食うに困らない力」
をあくまで「経済的自由力」という自由力の一つとして自由の側面に位置付け
それを含む五つの自由力
内観的自由力
→自分の向き不向き好き嫌い経験を知って自分だからできることを知って人生の方向性を決める技術
内面的自由力
→感情と思考をコントロールしてモチベーションを維持する技術
行動的自由力
→時間管理、行動自律、方法決定など目標に向けて行動を最適化する技術
情報的自由力
→必要な情報をインプットしセルフイメージをつくり、独自のアウトプットをして価値を生み出す力
経済的自由力
→ビジネスの知識としての一生食っていくのに困らない力
の五つを進化させて
自分だからできる度合いを向上させることで
自由なんかはあくまで通過点に置き死ぬ前に後悔しないような充実した人生を創ることを目指す。
そして最初からそこを目指すことが結局自由への近道でもある。
そんな理念で人生をより面白くする無料メルマガコミュニティ「School Of Free Life」を運営しています。
まず初めとしてPC一台で一生食うに困らない力=経済的自由力をつけるべく10万字(本一冊)程度の講座を共有中。
死ぬ前に後悔しない人生を創ることへのきっかけになれば幸いです。

School of Free Life

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です