メンタルを強くし失敗を乗り越えるために必要なたった2つのこと

失敗に強く不屈の精神を持てる仕組みの作り方を網羅して実現確率を飛躍的に高める

何かを実現するとなったとき失敗してもへこたれないという精神はもちろん必要です。

しかし失敗してもへこたれないように心がけるだけだとか、“失敗は成功の元”だとかありふれた名言ひとたび見るだけだとか、その程度の対策では元から楽観的な才能がある人以外は確実にへこたれて諦めることになります

「何をやってもうまくいかんし」「どうせ無理だし」僕らが失敗をしたときはそういう方向に考えを進めがちなのは、一つの失敗を理想が頓挫した後のイメージにつなげ理想が頓挫するまでの通過点としてとらえてしまっているからです。

そのまま失敗のたびに理想が頓挫した後をイメージして惨めな感情もプラスしてリアリティを持つということをやっていたら、いくら理想の実現後に注意して日常的に触れていたとしてもモチベーションを大きく減退させてしまいます。

失敗や挫折なしに何かを実現することは一部の天才を除いてできない以上、失敗をしたときにそれを「挫折」ととらえ理想の頓挫後へのリアリティにつなげることなく、所詮「修正」でしかないと捉えることで、理想の実現後への通過点としてとらえられる仕組みを整える必要があります。

もちろん自分の理想の実現後にどれだけ頻繁に触れて、どれだけ実現後に大きなリアリティをもつことができているかということこそが失敗に強くなるために一つ必要なことは間違いありませんが、それと同時に僕の「実現力」が失敗を挫折としてとらえず修正としてしかとらえずに理想が頓挫した後に対して感じているリアリティを減らすのに必要なものとして欠かせないものが二つあります。

結果ではなく成長に焦点を当てる考え方の癖、それとハッピーエンド信仰です。

ハッピーエンド信仰とはつまり物事は大体最後は笑って終えられる、最後には必ず明るい結果が待っているという思い込みのことです。

これらの精神的な癖をつけることができていれば失敗したとしても理想の実現への一つの修正のステップとして捉えられます。理想の頓挫後に触れる頻度を減らす策の一つとして失敗を挫折としてとらえず修正として捉える、俗にいう不屈の精神を身につけるために何ができるかということも中期の実践編において語っていきます。

そうした不屈の精神は触れる情報をコントロールすることで自分の考え方を長期的に変えていくことで身につけることができます。

「どうせ無理だ」という考えが何をも続けられないくらい強かった筆者も触れる情報を変えることで何年かかけて考え方の癖を修正し失敗に対して昔に比べれば相当に強くなることができました。

楽観的か悲観的かということは確かに生まれ持っている部分もありますが確実に後天的にいくらでも変えられる性質です。

「不屈の精神を持つのではなくつくっていくんだ」

という考えをし、それを実際に行動レベルの策の繰り返しによってつくっていくことができるなら、失敗への打たれ強さを飛躍的に向上することができます。

 

まとめ

 

今回の記事では、

メンタルを強くし失敗を乗り越えるために必要なたった2つのこと

というテーマでお話ししました。

僕らが失敗をしたときへこたれて諦める方向に考えを進めがちなのは、一つの失敗を理想が頓挫した後のイメージにつなげ理想が頓挫するまでの通過点としてとらえてしまっているからです。

・結果ではなく成長に焦点を当てる考え方の癖

・ハッピーエンド信仰

という二つの、「不屈の精神」を触れる情報をコントロールすることで身につけ、打たれ強さを飛躍的に進化させていきましょう!

 

理想を実現させていくための力=「実現力」を鬼進化することで

ことで飛躍的に人生が鬼おもろくなる余地しかない。

僕らの実現力=実現の技術を鬼進化させる無料電子書籍「実現力」

発売開始から一週間で1,000ダウンロード超え、アマゾン電子書籍総合無料ランキング20位から10位の間に7巻分入り込んだ一時期は一日600ダウンロ

ードもされていた我ながら鬼進化を提供できるだろう力作です。

人生はカンニングし放題ためし放題。

一年越しで一生一人の実現を支える本として世界一のものを目指して時には泣きながら書きました。

70万字を10巻にわけていますが全巻無料で鬼進化できるのでよければどうぞ。

https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=カタカナ&url=search-alias%3Daps&field-keywords=無料%E3%80%80実現力

「実現力」を高めるためのメルマガコミュニティも運営しているので、

「実現力」を鬼高め、飛躍的に自己を進化させた先で

理想を実現させていきたいという方はぜひ登録してみて下さい。

また他にも実現力に限らず一つの自由力

その中でも特に

一生一人で食っていくのに困らない情報発信ビジネス(ネットビジネス力)=経済的自由力

を鬼進化するための参加者一千人越えの無料メルマガコミュニティ

「School Of Free Life」を運営しています。

まず初めとしてPC一台で一生自由に食うに困らない力=経済的自由力を鬼進化できる10万字(本一冊)程度の講座を人生を鬼おもろくする通過点として共有中。
死ぬ前に後悔しない人生を創ることへの鬼進化のきっかけになれば幸いです。

「PC一台自分のビジネスを持って1日2〜3時間労働で一生食うに困らない力」
をあくまで「経済的自由力」という自由力の一つとして自由の側面に位置付け
それを含む五つの自由力
内観的自由力
→自分の向き不向き好き嫌い経験を知って自分だからできることを知って人生の方向性を決める技術
内面的自由力
→感情と思考をコントロールしてモチベーションを維持する技術
行動的自由力
→時間管理、行動自律、方法決定など目標に向けて行動を最適化する技術
情報的自由力
→必要な情報をインプットしセルフイメージをつくり、独自のアウトプットをして価値を生み出す力
経済的自由力
→ビジネスの知識としての一生食っていくのに困らない力
の五つを進化させて
自分だからできる度合いを向上させることで
自由なんかはあくまで通過点に置き死ぬ前に後悔しないような充実した人生を創ることを目指す。
そして最初からそこを目指すことが結局自由への近道でもある。
そんな理念で人生をより面白くする無料メルマガコミュニティ「School Of Free Life」を運営しています。
まず初めとしてPC一台で一生食うに困らない力=経済的自由力をつけるべく10万字(本一冊)程度の講座を共有中。
死ぬ前に後悔しない人生を創ることへのきっかけになれば幸いです。

School of Free Life

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です