頑張る方向性をどんな風に決めていくかという連載

1、頑張る方向性についての講座をやる背景と経緯

2、死ぬ前に後悔しない生き方について

3、選ぶ側と選ばれる側の違いについて

4、「何か頑張れば見えてくる」の罠と頑張らない生き方について

5、尾崎豊の自由のイメージってどうなのという話し

6、乙武さんの不倫=芥川龍之介の自殺という見方

7、仕事が嫌になる根本原因とは

8、人生を進めるための人生曲線のススメ

9、理想の人生を洗い出すための四つの質問

10、嫌な上司から発信(生き方)を考え直す

11、苦手や嫌いの活かし方の教科書的な話し

12、やりたいことがわからない人は成長したい分野を考えよう

「PC一台自分のビジネスを持って1日2〜3時間労働で一生食うに困らない力」
をあくまで「経済的自由力」という自由力の一つとして自由の側面に位置付け
それを含む五つの自由力
内観的自由力
→自分の向き不向き好き嫌い経験を知って自分だからできることを知って人生の方向性を決める技術
内面的自由力
→感情と思考をコントロールしてモチベーションを維持する技術
行動的自由力
→時間管理、行動自律、方法決定など目標に向けて行動を最適化する技術
情報的自由力
→必要な情報をインプットしセルフイメージをつくり、独自のアウトプットをして価値を生み出す力
経済的自由力
→ビジネスの知識としての一生食っていくのに困らない力
の五つを進化させて
自分だからできる度合いを向上させることで
自由なんかはあくまで通過点に置き死ぬ前に後悔しないような充実した人生を創ることを目指す。
そして最初からそこを目指すことが結局自由への近道でもある。
そんな理念で人生をより面白くする無料メルマガコミュニティ「School Of Free Life」を運営しています。
まず初めとしてPC一台で一生食うに困らない力=経済的自由力をつけるべく10万字(本一冊)程度の講座を共有中。
死ぬ前に後悔しない人生を創ることへのきっかけになれば幸いです。

School of Free Life

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です