【孤独と成功の関係とは?】人と違う悩みを克服する唯一の方法

「社会不適合感」が自己評価を蝕んでいる人へ

 

自信について語るとき、筆者は「人と違うということ」について語らなければなりません。時として人と決定的に違っているということが自分の自己肯定感を蝕み続けるからです。

「馴染んでいてもなんか違う気がする。」「自分だけ浮いている気がする。」

そういう漠然とした孤独感を持っている人が僕の「実現力」を読んでいるかもしれません。そして筆者もある時期からそういう孤独感を抱え始めた人間の一人です。もちろん性格としては内向的な方です。大勢がいる場所が苦手ではほんとに気持ちが悪くなったり、調子が悪くなったりします。世間に馴染んでいるとはとても言い難いのです。

先ほど宿命について語りましたが、なんだか馴染めないというのも一つの宿命なのかもしれません。そして、筆者自身その「なんだか違う気がする」「なんだか馴染めない」という感覚に悩まされ、

そんな感覚のない人間だったらどんなによかっただろうか

と思ったことがなんどもあります。人と多少違っているということは自分を否定する材料に十分になりえます。だからここで語ってます。

すでに語ったように、宿命はそのままでは邪魔者であり、それがあったからこそ助けられる誰かを助けたり、広められる何かを広めたりというときにはじめて邪魔者じゃなくなり、恩恵になり、自分を肯定する材料に変えることができます。そして人と違っているということもまた一つの宿命です。

・あるときは、僕らは人と違っているということを人に誇示するかもしれません。しかし、そんな風に承認欲求を押し付けることは人にとって迷惑でしかなく人が離れていくかもしれません。

・あるときは、僕らは人と違っているのに、馴染めないと思っているのにその道になんとかして馴染もうとするかもしれません。しかしおそらくそれも上手くいかないでしょう。馴染もうとする人よりも最初から馴染める人の方が余程簡単に馴染むのは間違いありません。

人と違っていることで感じる孤独感はいかにして克服されるのか。

人と違っていることはいかにして自己否定の材料から自己肯定の材料になるのか。

これについては筆者も長らくぼーっとと考えてきましたが、やはり人と違っていることが一つの宿命である以上、

人と違ったやり方で人に貢献したり、

・これまでにないけれどこの世に広まるべきだと思う価値感を広げたり

そのようにして自分だからできるやり方で自分と世界をつなげていく以外にないのでしょう。人と違うことから逃げてもそこには代わりがいくらでもいます。代わりがいないのは自分が自分としての特徴を活かして生きたときに他なりません

人と違っていることによって感じる孤独感には並々ならぬものがあり、あるときは僕らは

・違和感が大きい世界と自分とを遮断するかもしれません。

・自分は人と違うんだと言って同じように違う人たちとだけつながるかもしれません。

・「結局人間は一人だ」といって個人主義に走るかもしれません。

でもそのように内に内にこもればまた孤独感によって「人と違う」ということが自分を否定する材料になっていくという気がするのです。

だからこそ人と違い、馴染めないと感じていて、何か世界に対して違和感を感じている人こそが自分が世界に対して感じている違和感を明確にし、逆に自分が違和感を感じないのはどんなことなのか、より多くの人をより幸せにするのはどんなことなのか、それを外に主張しなければならないはずです。

そしてその主張が誰かを幸せにしたときこそ、人と違うこと、僕らが馴染めなかったことに意義があったということになります。

アリの中には二〜三割働かないアリがいてその働かないアリこそがその巣のアリたちが絶滅しそうになった緊急時に働き出して絶滅を防ぐ

というのは有名な話ですが、

外交的か内向的かということに当てはめてみると内向的で考えすぎになりがちでどこか馴染めない人間が一定数いることで、人間がおかしな方向に進みそうになったときに「ちょっと違くないか?」といって人間が破滅することを防ぐのかもしれません。

そのように捉えれば「人と違う」「馴染めない」ということを

「馴染んでいる人間たちがあまり考えずにおかしな方向にいったときにそれを止めたり新しい考えを提示する役割がある」という使命感

に変えることができるという気がするのです。馴染めないから世界と自分は無関係だというのではなくて、馴染めないからこそいざとなったときに世界を救うことができる、と考えれば「人と違う」ことが自信を蝕み続けることはないかもしれません。

そして一度「ここが自分が違和感を感じていたところだ、ここが自分が変えたいところだ」と変革に使命感を持てるところを見つけたなら、馴染んだまま問題意識なく動き続ける人よりも人生に情熱を燃やせるかもしれません。 

 

 

まとめ

今回の記事では、

【孤独と成功の関係とは?】人と違う悩みを克服する唯一の方法

というテーマでお話ししました。

 

時として人と決定的に違っているということが自分の自己肯定感を蝕み続けることについて触れ、

人と違ったやり方で人に貢献したり、

・これまでにないけれどこの世に広まるべきだと思う価値感を広げたり

そのようにして自分だからできるやり方で自分と世界をつなげていくことで、孤独感を克服できるのではないか。ということをお伝えしました。

 

理想を実現させていくための力=「実現力」を鬼進化することで

ことで飛躍的に人生が鬼おもろくなる余地しかない。

僕らの実現力=実現の技術を鬼進化させる無料電子書籍「実現力」

発売開始から一週間で1,000ダウンロード超え、アマゾン電子書籍総合無料ランキング20位から10位の間に7巻分入り込んだ一時期は一日600ダウンロードもされていた我ながら鬼進化を提供できるだろう力作です。

人生はカンニングし放題ためし放題。

一年越しで一生一人の実現を支える本として世界一のものを目指して時には泣きながら書きました。

70万字を10巻にわけていますが全巻無料で鬼進化できるのでよければどうぞ。

https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=カタカナ&url=search-alias%3Daps&field-keywords=無料%E3%80%80実現力

「実現力」を高めるためのメルマガコミュニティも運営しているので、

「実現力」を鬼高め、飛躍的に自己を進化させた先で

理想を実現させていきたいという方はぜひ登録してみて下さい。

また他にも実現力に限らず一つの自由力

その中でも特に

一生一人で食っていくのに困らない情報発信ビジネス(ネットビジネス力)=経済的自由力

を鬼進化するための参加者一千人越えの無料メルマガコミュニティ

「School Of Free Life」を運営しています。

まず初めとしてPC一台で一生自由に食うに困らない力=経済的自由力を鬼進化できる10万字(本一冊)程度の講座を人生を鬼おもろくする通過点として共有中。
死ぬ前に後悔しない人生を創ることへの鬼進化のきっかけになれば幸いです。

 

「PC一台自分のビジネスを持って1日2〜3時間労働で一生食うに困らない力」
をあくまで「経済的自由力」という自由力の一つとして自由の側面に位置付け
それを含む五つの自由力
内観的自由力
→自分の向き不向き好き嫌い経験を知って自分だからできることを知って人生の方向性を決める技術
内面的自由力
→感情と思考をコントロールしてモチベーションを維持する技術
行動的自由力
→時間管理、行動自律、方法決定など目標に向けて行動を最適化する技術
情報的自由力
→必要な情報をインプットしセルフイメージをつくり、独自のアウトプットをして価値を生み出す力
経済的自由力
→ビジネスの知識としての一生食っていくのに困らない力
の五つを進化させて
自分だからできる度合いを向上させることで
自由なんかはあくまで通過点に置き死ぬ前に後悔しないような充実した人生を創ることを目指す。
そして最初からそこを目指すことが結局自由への近道でもある。
そんな理念で人生をより面白くする無料メルマガコミュニティ「School Of Free Life」を運営しています。
まず初めとしてPC一台で一生食うに困らない力=経済的自由力をつけるべく10万字(本一冊)程度の講座を共有中。
死ぬ前に後悔しない人生を創ることへのきっかけになれば幸いです。

School of Free Life

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です