死ぬ前に後悔しない生き方について

お疲れ様です。
今日は内観的自由力についての講座の第2回目です。

終わりには冒険する気になる曲を一曲載せています。

で今日は題名に書いたように
「死ぬ前に後悔する人は
このままだとこれからどんどん増えて行く。」
という風に僕が思っていることの理由を話したあと
じゃあそういう人生を抜け出すにはどうしたらいいのか。
ということについて語ってみます。

以前のメルマガでもこの話はしましたが、
死ぬ前に後悔すること第一位はなんなのか
ご存知ですか?

http://tabi-labo.com/156441/realize-before-die/

この記事で看護師さんの言葉として紹介されているように
「もっと自分らしく生きればよかった」
ということなんですね。∨‾

僕の発信の目的は常々言っているように二つあって
「死ぬ前に後悔する人を一人でも減らすこと」
そして
「自由が常識の世界をゆくゆくつくること」
この二つです。

そして前者の目的を果たすためには
まずは死ぬ前に後悔することの第一原因である
「もっと自分らしく生きればよかった」
という言葉を
もっと掘り下げる必要があります。

でここで僕がまた取り上げたいのは
以下のサイクルです。

じぶんだからできること度合いが高い
→希少価値が高い
→付加価値が高い
→貢献効率がいい
→食ってくのに馬車馬のように働かずに済む(自由だ)し
自分だからできることだから生きがいもあり捗る(充実)
→さらに自分だからできること度合いが高くなる

このサイクルを回して人生をほんとの意味で面白くして
その先で死ぬ前に一寸も後悔しない人生をつくるために
僕は五つの自由力を進化させて行こうと言っているわけですが、

死ぬ前に多くの人が後悔する
「もっと自分らしく生きればよかった」
という言葉はこのサイクルから解釈すると
「もっと自分だからできることをやればよかった」
ということだと思うんですね。

そういう自分だからできることをするために
もっと冒険しておけばよかったと。
そういうことだと思うんです。

でこの類の後悔が
未来において少なくなると思うか?
僕は残念ながら
このまま時代が進めばそうはならず

むしろこの類の
「もっと自分だからできることをすればよかった」
という後悔は増えるという気がしているんです。

これは僕が
人間が多様化していると思っていないということでもあります。

なんどもおなじ話をして恐縮ですが
(どう考えても問題の根本なので話をやめるつもりはありません。)
SNSによる人間の没個性化が進んでいると。
そうおもっています。

きっとこの文章を読んでくれているあなたは
そういうSNSの自分の人生に与える影響への問題意識に
多少なりとも思い至っている人なんだと思います。
世間の90%以上を占める何も考えずにそれを使う人と違って。

僕はあなたのような人にこそ
死ぬ前に後悔するような人生を送って欲しくなくて
この文章を書いています。

でSNSによる没個性化というのがどんなものかといえば
TLが刷り込んでくる多数派の生活を内面化し
それをたどるだけの人間とはいいがたい存在になっていく。
そんなところですね。

没個性化というのはいい方を変えれば
「ますます誰でもできること
みんながやっていることをするようになってきている」
ということでもあって
それは言い換えればさっきいった
「自分だからできることをやらない
というか考えすらしない。」
ということでもあります。

現代人は人とつながってばかりで
ろくに自分がどんな人間かということを知ろうとしません。
「自分を知る」とか
「内観」
とかいうと
「なにそれ。笑」
たいていの人はそんな反応をして終わりです。

僕もこんなメルマガをやっていれば
「お前は新興宗教でもつくりたいのか」
そんな風に周りの人間に半ば怪訝な目で見られるということもあります。
宗教呼ばわりされるのはそりゃ癪です。

でもこのまま誰も何も変えずに
世界が没個性化の一途を辿れば
もちろんその結果死ぬ前に
「もっと自分だからできることをすればよかった」
というふうに考える人が増えるでしょう。
虚しい人生だったと思う人が増えるかもしれません。

つまらない人生を送っている人が大半を占める世間で
つまらないことだとされているただそれだけのせいで
こういうことを解決しようという動きがそもそも少ない。

僕からすれば自由と面白い人生両方得るためのサイクル

じぶんだからできること度合いが高い
→希少価値が高い
→付加価値が高い
→貢献効率がいい
→食ってくのに馬車馬のように働かずに済む(自由だ)し
自分だからできることだから生きがいもあり捗る(充実)
→さらに自分だからできること度合いが高くなる

これの出発地点に関わる話なわけで
これ以上にまず解決しなくてはいけないことなんてないとしか思えません。∨‾

出発点もわからずに目的地なんて目指せるはずがありません。
努力とかなんとかは二の次です。
そもそも何に対してコミットするのかということ
それを立ち止まって執拗に考えることの方がよほど
努力することより大事でしょう。

しかしこの
「ひとりひとりが自分だからできることを
完全に見失っている。」
という状況を解決しようとする人々または団体は
基本的にろくに具体的な話もできない
抽象的なことしかいわない宗教(笑)ばかりです。
こういう状況を見て僕はこんなよくわからない講座をやっているわけです。

この世の中には
「人生が消化ゲー、作業ゲー」
になってしまっている人で溢れています。

人生どっちに進んでいいかわからない。
どっちが正しいのかわからない。
そんな人で溢れかえっているように思えます。

もしあなたがそんな風に思っているなら
それはあなたのせいではありません。
世にそういう「自分を知る」という術を教える人が
あまりにも少なすぎる。
自分がどんな人間なのかということを知る前に
とりあえず成長しろ努力しろなんて
アホらしい論理がまかり通っている世の中です。∨‾

とはいえ
別に普遍的な正解はないかもしれません。

一つだけ言えるのは
「これは自分じゃなくていいじゃないか。
もっと自分にしかできないことがあるんじゃないか」
そんな感覚があるような分野でいくら熱を入れようとしたところで
結局のところその場限りのがむしゃらで終わるしかない。
長期的にその物事に対して情熱をかけるのは無理な話だということです。

僕もそんな時代がありました。
15で気分障害になったとき
毎日のように
「べつに自分じゃなくていいじゃないか」
そういう思いに苛まれていました。

でもそれはその頃から
自分がどんな人間なのか
自分がどんなところに行きたいのか。
どんな生活をしたいのか。

そんなふうに自分について考える時間を進んでとりながら
何をするかということを決めてきたおかげで
だんだんと
「これこそが自分のやることだ」
という姿勢に変わっていきました。

まずは
自分が一番、希少価値を発揮できる分野を探そう。
いきなり「自分にしか」できないことというのは理想論で無理でも
少なくともより自分だからできることに
より替わりがいない人物へ
そんな風に進化していこう。

それがきっと死ぬ前に
「ああ、自分の人生は自分らしかったな」
という風に思える人生につながるし
「このままでいいのかな」
「こっちでいいのかな」
「もっとべつの人生があるんじゃないか」
そんな風に四六時中思わなくても済むような
やることなすことにエネルギーが注げる人生につながるし、

人生が作業ゲーにならず
情熱のあるものへと
変革される何よりのきっかけになると確信しています。

「なんとなくこのまま人生終わりたくない」
そんな風にあなたが思っているなら尚更
内観的自由力の進化が必要だということに気づいてほしい。
自分を知るということがどんなに根本的に大事なのかということを
宗教じみているとか言わずにわかってほしい。

そんな気持ちで今日は文章を書きました。
あなたのより充実した人生に繋がっていれば幸いです。
では、また次回。b

PS.Around the World/Monkey majik

今日紹介する曲はおなじみモンキーマジックの意識が世界に向かって広く広がるような曲です。

狭苦しい意識の中にいてはきっと冒険しようという気にもならないでしょう。ぜひ聞いてみてくださいね。

https://www.youtube.com/watch?v=9c3AhGbPcPk

日々
革進力=自分を革進する技術
を進化して、結果として
日々、自己革進するペース
が鬼進化して、
結果として射程範囲は鬼広がって飛躍し、その先で
他者(業界社会国地球宇宙)を革進できる存在になっていく。
そんな同志が集っていくコミュニテイに革進していきます。
まず、はるか昔革進前に書いたスモールビジネス力進化のメルマガ(五万字ほど)(割とエネルギー低め)が届きます。が、
現在、メルマガコミュニティの掲げる目的はあくまで
自己鬼革進の先でなしうる世界の革進、です。
共感する人、奮って参加どうぞ!
すでに一千人以上の同志が集まっています。
無料電子書籍「実現力」も革進によければどうぞ🔥https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=カタカナ&url=search-alias%3Daps&field-keywords=無料%E3%80%80実現力

同志 of 革進する Life

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です