共感を呼べるプロフィールとは

Kimamanです。今日はプロフィール記事といういわばブログの顔においてどのように共感をよんでいけばいいのかということについて話していきます。
 
ブログのファンをつくれるかつくれないか
それはブログ作成者が共感を呼べているか ということにかかっているといっても過言ではありません。
そしてこのブログ作成者がどんな人かということを一番理解してもらえるところ
それがプロフィール記事なわけです。
 
1、やりがちなプロフィール記事の失敗例
 
まず一番最初にやりがちなプロフィール記事の失敗例について述べておきたいと思います。
それは 自分のいいところだけ書くということ
「僕はこんな風にすごい人間です!」
「私は他の人とは全然違うんです!」
これをしてしまうと「なんだか不自然だな」だとか「ふーん」とだけ思われてブログを閉じられるのがオチです。
僕らは体裁を気にする生き物です。
何も考えないでプロフィール記事を書くと
「もっと自分が凄い人だって見せなきゃ」と考えてしまうんです。
だけどそれはいってみれば独りよがりな思い込みです。
 
人は完璧な人には魅力を抱きません。
少しダメなところ、未熟なところがある人に惹かれるんです。
まあそういう未熟なところがない人というのはいないわけで
それをさらけ出せているかということです。
 
また人が感動するパターンだとか、興味を惹かれるパターンというのは基本的に決まっています。
それは
「大逆転劇!」だとか「ダメだった人が頑張って成し遂げた!」だとか
そういうテレビドラマみたいな展開です。笑
順調だった人が順調に達成しました。
そんな物語には誰も興味を抱かないわけです。
 
2、興味、共感、信用の三つを同時に達成できる構成
ではどのようにプロフィール記事を書いていけばいいのでしょうか。
 
それは
過去(こんな経験があった、こんな痛い目を見た)
現在(こんなことをやっている、こんな実績がある)
未来(こんなことを成し遂げる、こんなメリットをあたえられる)
という流れを保って書いていくことです。
 
この流れでなら
自分がどういう人間なのか
どんなことをやっているのか
どんなメリットを与えられるのか
こういったことをスムーズに書いていくことができます。
 
この中で
自分がどういう価値観をもった人間なのか
自分がどんなことを成し遂げたいのか
自分がどんな風に読んでいる人に貢献していけるのか
どんなことを伝えたいのか
ということを明確に書くようにしてください。
 
3、世界観、雰囲気をその後のブログの雰囲気と一致させること
 
もう一つ注意して欲しいのは
プロフィールだけなんか違う人みたいだ
というような文章を書かないこと。
 
ブログの他の記事ではかなりギラギラした感じなのに
プロフィール記事ではほんわか系を演出してなんとなく安心感を与えようとしている。
そんなブログはなんか不自然ですよね笑
なんか裏がありそうだなと思ってしまいます。
 
結局記事を書いていく中で
普段の自分の雰囲気というのは出てきてしまうものです。
ですからプロフィールだけ演出しようとしても無駄です。
 
自分の世界観、雰囲気
こういうものをとりつくろわないように書いてくださいね。
ほんわか系の人ならほんわかと。
ギラギラ系の人ならギラギラと(僕はこういう人が苦手ですが笑)。
 
プロフィールを書く前に
自分がいったいどんな雰囲気の人間なのか
どんな雰囲気で情報発信していきたいのか
どんな字体や書き方、話し方ならどれが演出できるのか
これを考えておきましょう。
 
以上共感を呼べるプロフィールの書き方でした。
 

「PC一台自分のビジネスを持って1日2〜3時間労働で一生食うに困らない力」
をあくまで「経済的自由力」という自由力の一つとして自由の側面に位置付け
それを含む五つの自由力
内観的自由力
→自分の向き不向き好き嫌い経験を知って自分だからできることを知って人生の方向性を決める技術
内面的自由力
→感情と思考をコントロールしてモチベーションを維持する技術
行動的自由力
→時間管理、行動自律、方法決定など目標に向けて行動を最適化する技術
情報的自由力
→必要な情報をインプットしセルフイメージをつくり、独自のアウトプットをして価値を生み出す力
経済的自由力
→ビジネスの知識としての一生食っていくのに困らない力
の五つを進化させて
自分だからできる度合いを向上させることで
自由なんかはあくまで通過点に置き死ぬ前に後悔しないような充実した人生を創ることを目指す。
そして最初からそこを目指すことが結局自由への近道でもある。
そんな理念で人生をより面白くする無料メルマガコミュニティ「School Of Free Life」を運営しています。
まず初めとしてPC一台で一生食うに困らない力=経済的自由力をつけるべく10万字(本一冊)程度の講座を共有中。
死ぬ前に後悔しない人生を創ることへのきっかけになれば幸いです。

School of Free Life

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です