マーケティング力

LTVという案外知られていない重要キーワード

Kimamanです。今日はLTVという個人がネットで稼ぐためのキーワードの解説をしていきます。戦略を立てる上で非常に重要なキーワードですのでしっかり理解してくださいね。
 
LTVとは生涯顧客価値ともいって
一人の顧客が取引期間を通じてもたらす価値のことです。
わかりにくいので説明しましょう。
たとえばある化粧品会社で二千円の化粧品を売っているとします。
この化粧品は一度だけでなく何度も買う、つまりリピーターとなる人が多いとします。
そうしたとき一回目だけの売り上げ、つまり二千円だけを考えるのはあまり効果的な考え方ではないわけです。
では効果的な考え方とは一体なにか。
それはリピーターとして買ってくれるときを含めて顧客一人あたりいくらの利益を出してくれるか という観点で考えることです。
たとえばAさんはこの化粧品を四回購入してくれたとします。
そうするとAさんについてのLTVは
2000×4=8000
となるわけです。
 
このように顧客一人あたりの売り上げを考えることがなぜ重要なのかというと
単純に
このLTVが高いほど少ない集客で済みますが
このLTVが低いほど多くの集客をしなくてはならない
ということで
ビジネスにおいて利益を出す上で集客人数をこのLTVに合わせて変えなくてはならないからです。
では僕たち個人のビジネス運営者、アフィリエイターは
このLTVを高くして少ない集客で利益を出す濃利少売か
このLTVを低くして集客を多くして利益を出す薄利多売か
どちらを目指すべきなのでしょうか。
 
わかったあなたは勘がいい。
答えは前者の濃利少売です。
 
なぜでしょう。
 
それは個人でやっている以上、
会社や組織には集客面で完全に劣るということ
また、逆に会社と違って
自分という個人にLTVの高いファンがつきやすい状況にあること。
 
個人でビジネスをやっているということのデメリットメリットを踏まえた上で
僕らは濃利少売という基本方針でビジネスを進めていくのが妥当なわけです。
 
僕にもLTVのとても高い
具体的にいえば
Kimamanさんが勧める商品ならなんでも買います!
というような濃いファンがありがたいことにたくさんいます。笑
 
このような濃いファンがついてくれるような情報発信、世界観の発信を目指すこと
これが個人で情報発信をしていく上でまず見落としてはいけないことです。
自分の個人的な部分をなにも出さないでただ淡白に情報発信していると
結局どんなに役に立つ情報を発信していても
ファンがあまりつかず、楽しくないし利益もでない
ということになってしまいます。
 
濃利少売
この言葉をぜひ頭に置いておいてくださいね。
以上、LTVという言葉と濃利少売という基本方針についてでした。