未分類

飲み会を断れない原因は性格や気質ではなく○○が足りないから

この記事の内容は拙書「実現力」で全て読むことができます。実現力はこちらからダウンロードできます。

こちらの音声でも進化できます。https://youtu.be/ReyT6Pca0vg

1/3)「誘いを断れない根本原因は断れない気質じゃない」と心得て時間捻出力を飛躍的に進化する

ありがちな時間管理が頓挫するケースというのが、たとえばその日は22時まで近くの喫茶店に残って作業しようと思っていたのに上司に飲みに誘われて、行きます!となってその日の作業時間がゼロになるというケースです。

そういうケースに対して「断れない性格を直そう」というアドバイスをすることは全くもって的外れでしょう。断れない原因というのは他にあります。それは大きく分けて三つです。

一つはセルフイメージが低いこと。たとえば独立してやっていくことを目指しているなら、傲慢だろうがなんだろうが「自分は組織に守られなくても生きていける」という高いセルフイメージ(自尊感情)を持っていなければ、そのために本気でやろうという気にはなりません。

僕らが周りと違う人生を歩みたい場合、周りと違うセルフイメージを持たなければ長期的には周りに同化することになります。先に出した例でいえば、飲みの誘いを断わろうという気にすらなりません。

そして二つ目が、毎日目標の実現後に触れる頻度が少ないせいで、目標が明確になっていないこと。自分の中で実現したいことの優先順位が高まっていないこと。

もちろん僕らは楽をしたいと常々思っています。理想が明確になっていない日々が楽な方楽な方に流れるのは当然なことです。理想への道から逸れてしまうのは、理想に十分に焦点を当てられていないからです。

つまりこの二つ目までの時間を捻出できない原因は本書でいう中長期のポイントを抑えられていないことが原因となります。

三つ目にはその日の朝までに、その日自分を作業場所に強制的に存在させる仕組みを整えていないこと。

本書の1日単位の時間管理の方法論においては、その日自分がどこにいるのかということをその日の朝までにSNSなどを使って確定させるといことをやっていきますが、その日の朝までに入ってこない予定、その日の午後に急に入るだとか、夕方に入る誘いというのは基本的に重要度が低い予定です。

全ての予定を断るというのは非現実的かもしれません。しかしその日の朝までに入っていこない気まぐれな予定を断っても大したダメージはないでしょう。

本書の時間管理の方法論では前夜までに次の日の朝何時までに作業場所に到着するかを強制する仕組みをつくり、その日の朝までにその日何時まで作業場所に残るかということを自分に強制する仕組みをつくります。

この方法論を使えば、その日の朝以降に入ってくるような重要度の低い予定を断れないせいで捻出できたはずの時間が捻出できないということはなくなり、今いかに決めた通りに時間が捻出できない、さぼってしまっても長期的に見て僕らが捻出できる時間も圧倒的に増えるはずです。

 

2/3) 毎日一つのノートで時間とタスクを管理して時間捻出力を飛躍的に進化する

本書で理想実現のために使うノートは一冊だけです。手帳は使いませんが一冊だけノートをつくってそれをモチベーション管理とタスク管理どちらにもあてていきます。

勉強する一つ一つの内容にについてノートを一つ一つわけるというのはあるにしても、日々の実現への進捗のためのノートは一冊あれば十分です。二冊以上つくると結局のところどれも使い続けられないというのが実際のところでしょう。

一冊のノートに長期的に達成したい理想がなんなのかということ、日々やることがなんなのかということ、そして時間の区切りの三つを書き出します。この三つを毎日一つのノートに書き出すことで実現の可能性を飛躍的に上げることができます。

 

3/3) SNSとの付き合い方に被害妄想並に注意して時間捻出力を飛躍的に上げる

もしこの本が50年前に出されるものだったら時間管理について実践編で語っていく策のうち半分は必要なかったかもしれません。しかしこの本は現代人の理想を応援するのみならず50年後100年後においても変わらず多くの人の理想を一生応援し続けるような本として書いているつもりです。

その本書における目標を考えた時に、時間管理においてこれを無視すると理想のみならず僕らの人生を棒にふるというのはもちろん「SNSの使い方」です。

電車喫茶店図書館、あらゆるところで周りを見渡せば8割以上の人がSNSの取得したところで特に自分の人生を変えないような情報を辿っているというのが実態です。

いかに一つの場所に自分を縛りつけたところで、SNSを使う時間を抑制する仕組みを整えることができていなければ、作業場所でSNSの情報を辿って時間がすぎてしまいます。

短期のポイントにおける時間管理についてのみならず、長期のポイント「セルフイメージをどのように高く保つか」、中期のポイント「目標の実現後にいかに触れることができるか」ということについてもSNSの情報(主にTL)をどのように扱っていくかということが自分が多く触れる情報=環境をいかに創り、その先でいかに自分の思い込みを創るかということを考えた時に重要になってくる、というのはすでに何度も語りました。

現代においてはSNSの使い方を制するもののみが、僕ら自身の人生をつくることができるといっても過言ではありません。そのくらい現代人の生活にとって意識するにせよしないにせよSNSは大きな影響を与えているものです。

本書ではSNSの使い方に関してだけで「SNS力編」として一つ独立して章をつくって語っています。本書でいうところの「SNS力」をつけてSNSとの付き合い方を変えることができれば、僕らは飛躍的に簡単に僕らの可能性を発揮できるようになるはずです。

 

 

時間捻出力についての理論網羅を終えました。つまり長中短期実現力についての理論網羅を終えたということです。おめでとうございます。

一度読んだだけで身につくとは考えられませんがそもそも実現の確率を高める考え方がいかなるものなのか理解しただけで実現力は飛躍的に進化していると言って過言ではないでしょう。本書が網羅している15の実現力のうちの六つの実現力の理論網羅が終わったということになります。

次はSNS力という15の実現力のうち現代社会においては相当重要度が高いがために独立させて語っているメイン実現力の中の二つです。進化させれば実現確率の飛躍的な向上に相当役立つはずです。進化していきましょう。メイン実現力はあと二つでコンプリートです。

 

 

理想を実現させていくための力=「実現力」を鬼進化することで

ことで飛躍的に人生が鬼おもろくなる余地しかない。

僕らの実現力=実現の技術を鬼進化させる無料電子書籍「実現力」

発売開始から一週間で1,000ダウンロード超え、アマゾン電子書籍総合無料ランキング20位から10位の間に7巻分入り込んだ一時期は一日600ダウンロ

ードもされていた我ながら鬼進化を提供できるだろう力作です。

人生はカンニングし放題ためし放題。

一年越しで一生一人の実現を支える本として世界一のものを目指して時には泣きながら書きました。

70万字を10巻にわけていますが全巻無料で鬼進化できるのでよければどうぞ。

https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=カタカナ&url=search-alias%3Daps&field-keywords=無料%E3%80%80実現力

「進化力」を高めるためのメルマガコミュニティも運営しているので、

「進化力」を鬼高め、飛躍的に自己を進化させた先で

理想を実現させていきたいという方はぜひ登録してみて下さい。

また他にも進化力に限らず一つの自由力

その中でも特に

一生一人で食っていくのに困らない情報発信ビジネス(ネットビジネス力)=経済的自由力

を鬼進化するための参加者一千人越えの無料メルマガコミュニティ

「School Of Free Life」を運営しています。

まず初めとしてPC一台で一生自由に食うに困らない力=経済的自由力を鬼進化できる10万字(本一冊)程度の講座を人生を鬼おもろくする通過点として共有中。
死ぬ前に後悔しない人生を創ることへの鬼進化のきっかけになれば幸いです。

 

 

無料メルマガコミュニティ「進化力と幸福度上げる力の先達同志」

進化する技術を進化して進化ペースをあげて鬼のように飛躍していく。

そしてその先で幸福度上げる力を鬼進化して幸福度も鬼上げしていく。

そんな人たちが集まる登録者約1000人のメルマガコミュニティ「進化力の先達同志」を運営しています。

まずは「school of free life」としてメルマガコミュニティをやっていた時代の

「PC一台で食っていく技術=経済的自由力」についての講座約十万文字を1通目で共有しています。

一緒に進化力と幸福度上げる力を進化して飛躍、幸福度鬼上げして行きませんか?

うざい広告は一切来ません。

進化力の先達同志