SNSを複数絡めて情報発信しないことのもったいなさ

Kimamanです。今日は一つのブログだけじゃなくて複数のSNSを使うことで何倍もの影響力のある情報発信ができるのになあ‥という話をしていきます。
 
1、ブログだけでは見つけてもらえない
 
今日、ブログというのは当たり前ですが無数にあります。そんな中から検索を通じてだけで自分のブログを見つけてもらうことというのははっきりいって至難のわざです。
 
見つけてもらえなければ自分が作ったコンテンツというものも意味を持ちません。見つけてもらってそのコンテンツが誰かの役に立って初めてコンテンツというのは価値を持つのです。
 
2、集客の手段としてのSNSの活用
 
ネットビジネスでやらなければならないことというのは大きく分けて二つあります。
 
まずは人の役にたつコンテンツを作ること
もう一つはそれに人を集めること
当たり前のようですがこのように大きな捉え方をすることは非常に重要です。
 
後者のことをちょっと堅苦しい言い方をするとリストビルディングといいます。是非覚えておいてくださいね。
 
どちらかだけやっていても全くもって成果はでません。自分に足りないのは大きく分けてどっちなのか、これを見極めながら作業することで成果を上げることができるのです。
 
そしてその集客の手段となるのがSNSです。
イメージとしては以下の図のようになります。
 
        youtube
                             ⇅
フェイスブック⇆ブログ⇆ツイッター
        ⇅
        ライン
 
このように各SNSとブログを循環させるというのが基本的な集客イメージです。
 
それでは具体的にどのSNSを(youtubeという媒体も含めて)どのように使っていけばいいのかということを各媒体の特徴をおさえながら見ていきましょう。
 
フェイスブック
特徴 双方向でのやり取りが可能。日本ではかなりプライベートな使われ方をしているので相手との距離を縮めるのに有効。また写真をつけるのが一般的で感情的価値(記事を参考)を簡単に高められる。
 
ライン(ライン@)
特徴 双方向でのやり取りが可能なように思われるが基本的にこちらからのみの一方向的な発信になりがち。とはいえ受け手のトーク画面にメッセージを表示できるのでかなりとりあえず情報を閲覧してくれる可能性が高いところに情報を発信できる。
 
ツイッター
特徴 双方向でのやり取りにはむいていない。しかし多くの人に情報発信をしたい場合もっとも向いているSNS。もっとも簡単にフォロワーを増やせるので簡単に影響力を上げていくことができる。なおあまり個人間の距離を縮めるのには向かない。対多数の情報発信というイメージ。
 
youtube
特徴 動画は文字と音声と画像を使えるのでかなりの説得力を生み出すことができる。またブログの記事に貼り付けることでブログ滞在時間を上げるという使い方も有効。ただ一つの動画を作るには手間がかかるのでどこで使うかよく考えるべき。
 
3、すべての集客媒体を使う際に共通して持つべき意識
 
2で各媒体の特徴を述べていきましたがすべてにおいて絶対にやってはいけないことというものがあります。
 
それはただ宣伝だけを行うようなスパム的な発信です。
これをやるとこの人は自分の利益だけしか考えていない自己中心的な情報発信者だというように思われて一瞬で評価を失います。笑
 
昔はともかく多くの人にスパムまがいの発信をしてそれにひっかかった人だけを相手にするというひどいビジネスモデルでも収益はあげられました。もちろんそれがやっていいいことかどうかはまた話は別ですが。
 
しかしすべてのものや人の評価がSNSで簡単に拡散されるようになった今日、そういう人は長期的に利益を得ることができません。ネットビジネスでも健全化が進んでいるのです。
 
どんな媒体から集客する際においても相手に役立つような情報を発信してその一環として自分のブログに人を集めるという意識を絶対に忘れないことです。
 
たとえば重要な考え方や人をワクワクさせることのできる言葉や写真や色々できることはありますね。
どの媒体においてもこの意識を忘れないことで集客において莫大な相乗効果を生むことができるのです。
 
なんどもいいますがただブログやメルマガのURLを貼りまくるというのはもっともやってはいけない情報発信です。
 
4、自分のメディアというネットワークを作るということ
 
様々なSNSやブログをつなげて集客を行なっていくというのは自分のメディア、ネットワークを作っていくという感覚でやると楽しくなってきます。
いろんなところを連動させて総合的に自分の影響力を上げていくということは楽しいものです。
 
自分がほんとうに人のためになるような発信を行っていれば
たとえばツイッターでフォロワーは日々増えていきますし
ブログの訪問者数も連動して増えます。
その結果として収入も増えるわけです。
 
このように自分の作業の結果として目に見える形ですべてがよりよくなっていくことが見えるというのは充実感が半端ないです笑
 
このようにとらえるときっと情報発信自体もより楽しくなってきます。
 
またこの作り上げた自分のメディアとはいってみれば自分の生活を担保するものです。
自分のメディアを持つということは自分が発信した情報が誰かの目に必然的に触れる機会を簡単に作りだせるということ。
 
たとえば自分が発行するメルマガの読者(リスト)をしっかり確保しておくことはすなわち自分がなにかおすすめしたい、紹介したいものが見つかった時に簡単にそれを紹介することで安定的に収益を得ることができるということでもあります。
 
ですから自分のメディアを発展させるということはこの先行き不安なご時世にあって自分の生活の安定感を増すということでもあるわけですね。
 
いつクビになるかもわからないような組織に勤めることよりもよほど確実な手段です。
インターネット上に作り上げた自分のメディアはインターネットがなくなるという天変地異以上のことが起こらない限り消えることはないわけですから笑
 
以上各媒体のざっくりしたイメージや使い方、すべてに共通して重要な考え方でした。
どの媒体をどのように使っていくかというより具体的な話はまた他の記事で話していきます。

「PC一台自分のビジネスを持って1日2〜3時間労働で一生食うに困らない力」
をあくまで「経済的自由力」という自由力の一つとして自由の側面に位置付け
それを含む五つの自由力
内観的自由力
→自分の向き不向き好き嫌い経験を知って自分だからできることを知って人生の方向性を決める技術
内面的自由力
→感情と思考をコントロールしてモチベーションを維持する技術
行動的自由力
→時間管理、行動自律、方法決定など目標に向けて行動を最適化する技術
情報的自由力
→必要な情報をインプットしセルフイメージをつくり、独自のアウトプットをして価値を生み出す力
経済的自由力
→ビジネスの知識としての一生食っていくのに困らない力
の五つを進化させて
自分だからできる度合いを向上させることで
自由なんかはあくまで通過点に置き死ぬ前に後悔しないような充実した人生を創ることを目指す。
そして最初からそこを目指すことが結局自由への近道でもある。
そんな理念で人生をより面白くする無料メルマガコミュニティ「School Of Free Life」を運営しています。
まず初めとしてPC一台で一生食うに困らない力=経済的自由力をつけるべく10万字(本一冊)程度の講座を共有中。
死ぬ前に後悔しない人生を創ることへのきっかけになれば幸いです。

School of Free Life

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です