いい記事とは役に立つというだけじゃない

Kimamanです。今日は記事の有用性とは別に読んだ人がどんな気持ちになるかという視点からどんな記事を書くべきかという話をしていきたいと思います。
 
1、機能的価値と感情的価値
 
コンテンツの価値には大きく分けて二つの価値があります。
 
まずは機能的価値。これはもっと具体的にはコンテンツが役に立つ情報を含んでいるかです。
そのコンテンツを読んだおかげで新しい知識が手に入ったとか、新しい見方が身についたとかその類のことですね。
これは感情的側面とは切り離されたところにある価値です。それを読んでどんな気持ちになるとかそういうこととは抜きにしたところにある情報そのものとしての価値ということです。
 
一般的にあるコンテンツが役に立つという場合この機能的価値が高いかということのみが重視されているという印象です。記事もこの機能的価値のみを高めようとしているものが多いです。
 
しかしコンテンツの価値とはこの機能的価値というものだけで決まるわけではありません。
 
もう一つ感情的価値というものがあるのです。
 
2、感情的価値とは
 
感情的価値とはつまり「そのコンテンツが人をどんな気持ちにさせるのか」という視点にたったときの価値です。
たとえばニーチェの文章というのは基本的に読む人をワクワクさせたり行動したくていてもたってもいられなくさせたりすることができます。これは明らかに感情的価値が高いものであるわけです。
逆にロシア文学というのは読んでいて人を憂鬱にさせるようなものも多いです。(それが文学だと言われたりすることも多いのですが)この点に関しては感情的価値というものがかなり低いと言えるでしょう。
 
感情的価値が高いコンテンツ、記事を書くというのはすなわち
人を感動させるような
人をワクワクさせるような
人を笑わせられるような
そういったものを作るということです。
 
3、機能的価値と感情的価値、重要なのはどっちか
 
以上話してきたコンテンツの二つの側面、機能的価値と感情的価値、もちろんどちらも網羅できているコンテンツを作るのが理想ではありますがあえていうならどちらの方が重要なのでしょうか。
 
僕は感情的価値だと思います。
究極的にいえば機能的価値に優れたコンテンツというのは探せば自分が作らなくてもどこかにすでに存在していますし、結局機能的価値を高めたコンテンツを作ったところで「ためになったな」ということを記事に対して思われるだけで終わってしまいます。
それではブログにも自分にもファンはつきません。ファンがつかないということは安定的な集客を見込めないということを意味します。
 
逆に感情的価値の高いコンテンツ、人をワクワクさせられるようなコンテンツを作ることができたらどうなるか。
 
このブログに来たらなんだかワクワクする、なんだか楽しい気分になる。そういう風に思ってくれたとしたらブログに来る人は増えるだろうし自分という人間にも好印象を抱いてくれるのではないでしょうか。
 
僕もよく忘れがちですが「人は論理ではなく感情で動く」ということを忘れないようにしましょう。
 
4、コンテンツが人を愉快にさせるかということを常に意識する
 
コンテンツは基本的に多くの人が知らない現実について書くというものになりがちです。現実を書かないでただ希望だけを叫んでいるような人やブログは信用してもらえませんので笑
 
しかしその現実や知識を書いていく中でも常に
「このコンテンツは人を愉快にさせたりワクワクさせたりできるだろうか」
ということを考えることが大切です。
現実だけ書いてあって人に「やっぱりそうか‥」という気持ちにさせるような文章を書く人間のファンにだれがなりたいと思うでしょう。
それじゃあ「現実は厳しいんだよ」といってはばからないごく一般的な大人と変わりません。
 
コンテンツを作る際はそのコンテンツが人を前向きな気持ちにさせるようなものであるかということを考えて作りましょう。
こういうことを考えてコンテンツを作っていればおのずとファンというのは心配しなくても増えていくものです。
 
以上、読んだ人をワクワクさせられるか、感情的価値が高いコンテンツを作ろうという話でした。
 

「PC一台自分のビジネスを持って1日2〜3時間労働で一生食うに困らない力」
をあくまで「経済的自由力」という自由力の一つとして自由の側面に位置付け
それを含む五つの自由力
内観的自由力
→自分の向き不向き好き嫌い経験を知って自分だからできることを知って人生の方向性を決める技術
内面的自由力
→感情と思考をコントロールしてモチベーションを維持する技術
行動的自由力
→時間管理、行動自律、方法決定など目標に向けて行動を最適化する技術
情報的自由力
→必要な情報をインプットしセルフイメージをつくり、独自のアウトプットをして価値を生み出す力
経済的自由力
→ビジネスの知識としての一生食っていくのに困らない力
の五つを進化させて
自分だからできる度合いを向上させることで
自由なんかはあくまで通過点に置き死ぬ前に後悔しないような充実した人生を創ることを目指す。
そして最初からそこを目指すことが結局自由への近道でもある。
そんな理念で人生をより面白くする無料メルマガコミュニティ「School Of Free Life」を運営しています。
まず初めとしてPC一台で一生食うに困らない力=経済的自由力をつけるべく10万字(本一冊)程度の講座を共有中。
死ぬ前に後悔しない人生を創ることへのきっかけになれば幸いです。

School of Free Life

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です