やり方を変える時の良いやり方を生み出し進化させるために必要なこと3選

この記事の内容は拙書「実現力」で全て読むことができます。実現力はこちらからダウンロードできます。

 

方法力をどんな方針で進化させていくか

ここからは方法をどんなところに気をつけて日々改善して行くかということについて網羅します。方法力が向上しより多くの焦点を方法に当て、その先でより頻繁に方法を修正していくなら実現の可能性は飛躍的に高まります。実際に行動レベルでどう実践するかということに関しては長期、中期と同様に実践力編に回します。

1/3)「理想に触れる頻度が長期的にも短期的にも方法の質に直結する」と心得て方法力を飛躍的に上げる

これは中期の話でも散々したのですが、理想に十分な頻度を以って触れているかということは、何が自分の理想なのかということを度々じぶんの中で明らかにしているかということは、モチベーションを保つことのみならず「方法をいかにして日々望ましい方向に修正していくか」ということを考えるにあたって根本的に間違いなく重要なことです。

理想の実現後に触れる頻度が方法の質も決めます

当たり前のことですが方法を日々修正していくにあたってもそもそもどんな理想に対する方法なのかということが明確になっていなければ改善のしようがありません。

そしてこの理想実現後に触れる頻度が低いばかりに、気付いたら方法がだいぶ理想からそれたものになっていたということがよく起こります。

人はやらなくてはならないことよりもやらなくていいけれど楽な方に進みやすいのが常です。頭でわかっているつもりでも、その理想の実現後にしつこいくらい触れなければ、楽な方楽な方、その理想を実現するためには必要のないことにそれていきます。

中期のポイントであるところの、理想が実現した後に触れる頻度がしっかり確保できてこそ、短期のポイントにおいてもっとも重要な要素である方法のマネジメントに移ることができます

短期のポイントの話では方法力が何より大事だということをしつこく説明してきましたが、そもそも短期のポイントの中で方法力がいかに重要であったとしても、中期のポイントで重要な理想の実現後に触れる頻度、そして長期のポイントで重要なセルフイメージの維持より、理想を実現するにあたって方法ははるかに重要度が劣ります。

理想の頻度に触れる力を高めていくことによって、また僕らの方法力も高めていくことができます。

2/3)「方法を疑うにはまず現状を疑いそして課題を疑う」と心得て方法力を飛躍的に上げる

どんな理想、目的地のためにやっているのかということを頻繁に明確にすることができたらその次にやることはじゃあ今、自分がどんなところにいるのかということです。

自分がどんなところにいるのかということがわからなければどんな方向に進めばいいのかということもわかりません。つまり方法を疑うにはまず現在地を疑い、そこから目的地までの課題を疑うということです。

これも当たり前のようなことですが、課題を疑わなかったばかりに理想の実現のために必要のない課題に集中してしまっていたいということはよく起こります。

たとえばチームにまともに貢献できるようになるために一番大きな課題はハイボールの処理だったのに朝練の前にパントキックばかり練習していた15歳の筆者みたいな話が簡単に起こります。

理想を明確にしたら次に現在地を疑い、課題を疑う

簡単そうに響きますが日々やるのは難しいしやらなければ致命傷になるという類のものです。

毎日現状と課題を頭で考えているものなのかということを考えることができたなら僕らの方法力を格段に進化することができます。

 

3/3) 全てに取り掛かる前に時間を区切って現状と課題を確認する時間を毎日とって方法力を飛躍的に上げる

何か理想を目指しているとそれが達成するのが難しいと言われいてるものであればあるほど「時間がもったない」「限られた時間で集中しなきゃ」という風に考えてしまうかもしれません。

実際世間の感覚でいえば「ふんぞりかえって方法を考える」という時間はサボっているという風に思われるのが常ですし、「やらなきゃ」という風に思っているときにそういう時間を自然に意識しないでとるというのはほとんど不可能に近いです。

なので一日のはじめに必ずそういう根本的な方針や方法についてだけしか考えてはいけないという方法専門の時間を少なくとも30分とりましょう

その時間は集中して何かを書き付けるわけでもなくパソコンで猛烈にタイピングするわけでもなく頭の後ろで手でも組んで距離をとって何が理想なんだっけ、今どんなところにいるんだっけ、何が課題なんだっけ、じゃあどんな時間配分にすればいいんだっけ、というようなことについて頭の中で考えながら適当に書くみたいな力の抜けたものにしましょう。

常識的な感覚でいけば一日30分という時間は時間のとりすぎという風に思うかもしれませんがそういう常識的な感覚の方法や方針をろくに考えない進み方は最速からはほど遠いということをそのときは思い出してください。

世間で本気と認められている「がむしゃら」や「没頭」というのは全体像への注意を不足させ最終的には非効率な態度だということを何度でも言っておきます。一般的な感覚で言ってサボっているようにしか見えないというのがきっと最速で進んでいる態度なのです。

どんなに焦っていても一日30分は力を抜いて全体像を抜くことに手を抜かなければ僕らは自分が思っているより圧倒的に進化することができます。

 

 

理想を実現させていくための力=「実現力」を鬼進化することで

ことで飛躍的に人生が鬼おもろくなる余地しかない。

僕らの実現力=実現の技術を鬼進化させる無料電子書籍「実現力」

発売開始から一週間で1,000ダウンロード超え、アマゾン電子書籍総合無料ランキング20位から10位の間に7巻分入り込んだ一時期は一日600ダウンロ

ードもされていた我ながら鬼進化を提供できるだろう力作です。

人生はカンニングし放題ためし放題。

一年越しで一生一人の実現を支える本として世界一のものを目指して時には泣きながら書きました。

70万字を10巻にわけていますが全巻無料で鬼進化できるのでよければどうぞ。

https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=カタカナ&url=search-alias%3Daps&field-keywords=無料%E3%80%80実現力

「進化力」を高めるためのメルマガコミュニティも運営しているので、

「進化力」を鬼高め、飛躍的に自己を進化させた先で

理想を実現させていきたいという方はぜひ登録してみて下さい。

また他にも進化力に限らず一つの自由力

その中でも特に

一生一人で食っていくのに困らない情報発信ビジネス(ネットビジネス力)=経済的自由力

を鬼進化するための参加者一千人越えの無料メルマガコミュニティ

「School Of Free Life」を運営しています。

まず初めとしてPC一台で一生自由に食うに困らない力=経済的自由力を鬼進化できる10万字(本一冊)程度の講座を人生を鬼おもろくする通過点として共有中。
死ぬ前に後悔しない人生を創ることへの鬼進化のきっかけになれば幸いです。

 

 

進化力の先達同志メルマガコミュニティ

日々
進化力=進化するのに必要な意志量を減らす技術
を進化して、結果として
日々、自己進化するペース
が鬼はやまり、
結果として射程範囲は鬼広がって飛躍し、その先で
他者(業界社会国地球宇宙)を進化できる存在になっていく。
そんな同志が集っていくコミュニテイに進化していきます。
登録されると、まず昔書いたスモールビジネス力進化のメルマガ(五万字ほど)をプレゼントしますが、その後は
ビジネスのみならず内面、生き方‥あらゆる方面で極まって行くようなコンテンツが届きます。
コミュニティは自己鬼進化の先でなしうる世界の進化を目指します。
共感する人、奮って参加どうぞ!
すでに一千人以上の同志が集まっています。
無料電子書籍「実現力」も革進によければどうぞ🔥https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=カタカナ&url=search-alias%3Daps&field-keywords=無料%E3%80%80実現力

進化力の先達同志メルマガコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です