ほんとにやりたいことって結局どういう意味だろう

Kimamanです。
今日は今日はよくいわれるけど曖昧な本当にやりたいことって具体的にはいったいなんなのかという話をしていきます。
 
 
 

ほんとうにやりたいことをやろうの罠

よく人生論の一つとして本当にやりたいことをやろうということがいわれます。
僕はこの手の人生論を聞くたびに
ほんとうにやりたいことって曖昧な表現だなー
人生でほんとうにやりたいことだけやっててうまくいくなんてありえないよなー
とか基本的にこのような人生論については否定的な見方をしていました。
 
でもこの「ほんとうにやりたいことをやろう」という人生観、たしかにそれらしいんですよね。笑
それらしいんですけどほんとうにやりたいことが一体なんなのか僕には漠然としすぎているように思えたので
「ほんとうにやりたいことをやろう」という人生観を長い間脇に置いて僕は暮らしてきました。
 
 心のそこでは「ほんとうにやりたいことをやる」そんな人生を送りたいと思いつつ‥。
 
その中である時期から僕も人生の意味や、目的について問うことになって
自分がほんとうにやりたいことってなんなんだろう
ということを考えるようになりました。
 
今日は「ほんとうにやりたいこと」という表現について
それがどういうことを意味するのか、僕の考えを説明していきたいと思います。
 

やりたいことと一言でいっても二つ意味がある

 
僕はやりたいことと一言でいっても基本的に二つの意味があると思っています。
 
一つは単純に今やってて楽しいこと、夢中で出来たり快感を覚えるようなこと。
自動的に自分がやってしまうようなことですね。
たとえばそれはある人にとってはピアノかもしれませんし
ある人にとってはネットサーフィンかもしれません。
 
これに関しては別に何も思わずともほっておけば勝手にやってしまうことですから特に自分をコントロールする必要もありません。
 
もう一つは自分が死ぬまでには必ず成し遂げたいこと。
いわばまだ死ぬわけにはいかない理由です。
 
誰にも自分が生きているうちに一度は成し遂げたいことや行きたい場所というものがあるのではないでしょうか。
僕にとっては世界一周がその一つです。
せっかく地球に生まれたのに世界中の景色や町並みを見ずに死んでしまうのはとてももったいないですよね。
 
この二つ目の自分が死ぬまでに成し遂げたいこと
これを成し遂げる過程ではやってても特に楽しくないようなこと
つまらない単純作業
こういうことが必要となってくることが多いです。
一つ目のほっておいても自分がやることと違って
自分の意志で行動に向かわせなくてはならないことなわけです。
 
ほんとうにやりたいこととは二つ目の自分が死ぬわけにはいかない理由のことである
 
僕はほんとうにやりたいことをやればいいというときほんとうにやりたいことというのは二つ目として書いた
自分が死ぬわけにはいかない理由、自分が生きている間にどうしてもやらずには終われないこと
これを指していると思っています。
 
ほんとうに自分にとって大事なことというのは
自分がいつか死ぬという事実
自分が自分として生きる人生は一度しかないという事実
これに向き合わないと見えてきません。
 
これは自分の命をかけてもしたいことだろうか
こう自分に問いかけてみましょう。
そうすれば自分がほんとうにやりたいこと、目指したいことというのが
おのずと見えてくるはずです。
 

やりたいことをやればいいというのは楽をしていればいいという意味ではない

 
多くの人が勘違いしていますが
やりたいことをやればいいというのは決して
楽をすればいいというわけではありません。
このような勘違いは「ほんとうにやりたいこと」というのを
一つ目の意味として捉えてしまっていることから生じます。
 
やりたいことというのは自分を意志で強制したりなんらかの矯正を行わなくても
自動的に行えるものではありません。
 
それでは僕たちは
眠気がなくなるまで寝て
食べる気がなくなるまで食べて
空いた時間には楽なネットサーフィンやツイッターを
やっていればいいということになるでしょう。
 
そのような人はどのような未来にたどり着くでしょうか。
それは人に働かされ、人のしたいことのために使われ、人のいうことに従わざるを得ないような状況。
いたって不自由な未来でしょう。
 
ほんとうにやりたいことをやればいいというのは
きっとほんとうに自分が死ぬまでに成し遂げたいと思っていることに
向かえばいいという意味です。
そのためには
惰眠を貪らないように自分を律し
ネットサーフィンに時間をとかさないように自分を監視し
成し遂げたいことを見失わないように工夫する
そういった自分にかける自分からの強制力が必要なんです。
 

やりたいことをやるにはかなりの自己管理能力が要求されるが‥

 
つまり自由には責任が伴うってやつです。
ほっとかれたら昼間すぎまで寝ている(僕もむかしはそんな感じでしたが‥)
そんな人間にほんとうにやりたいことをやる人生は送ることができないということです。
僕が上でいった二つ目が「ほんとうにやりたいこと」であるならば
一つ目の今やってて楽しいというか楽なこと
たとえばSNSでTLを遡るとか
友達とやたらめったら飲みの予定を入れるとか
そういうことはある程度自分を律して放棄しなければいけない場面も出てきます。
 
巷の成功哲学や幸福論は
ほんとうにやりたいことをやればいい というのを
あたかも誰にでもできる楽なことであるように綴っていますが
明らかにこれは実態とはかけ離れています。
結局そう書かれているのは
そう書いた方が評判がいいし、売れて儲かるからです。笑
 
そういう戯言に惑わされないように
僕たちはほんとうに自由になるために必要な自己管理能力を身につけていきましょう。
自己管理能力というのは自由になるためにもっとも必要な技術の一つですし
自由になってからもこの自己管理能力がなければ破滅してしまいかねません。
 
しかしこの自己管理能力について僕が言いたいのは
「自己管理能力は決して精神論ではない」
ということですね。
 
これはれっきとした「技術」です。
「精神論」ではなく「技術」だからこそ、
誰でもその人の努力次第でどこまでも伸ばしていけるということですね。
僕は常に「精神論」ではなく「技術」だというスタンスでいろんなことを発信しています。
もし「単なる精神論」であったなら、結局のところ向上させることができたとしても
他の人が同じように向上させることができるとは限らない、
少し小難しい言葉でいえば「再現性があるとは限らない」からです。
 
そんな風に物事を継続させる技術について定期的に学んでいきたい人は僕の無料メルマガにきてもらえればなと。
 
以上ほんとうにやりたいことに関しての誤解についてでした。
 

日々
革進力=自分を革進する技術
を進化して、結果として
日々、自己革進するペース
が鬼進化して、
結果として射程範囲は鬼広がって飛躍し、その先で
他者(業界社会国地球宇宙)を革進できる存在になっていく。
そんな同志が集っていくコミュニテイに革進していきます。
まず、はるか昔革進前に書いたスモールビジネス力進化のメルマガ(五万字ほど)(割とエネルギー低め)が届きます。が、
現在、メルマガコミュニティの掲げる目的はあくまで
自己鬼革進の先でなしうる世界の革進、です。
共感する人、奮って参加どうぞ!
すでに一千人以上の同志が集まっています。
無料電子書籍「実現力」も革進によければどうぞ🔥https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=カタカナ&url=search-alias%3Daps&field-keywords=無料%E3%80%80実現力

同志 of 革進する Life

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です